名古屋国際芸術文化交流財団

名古屋ボストン美術館を運営する、公益財団法人名古屋国際芸術文化交流財団について紹介します。
公益財団法人名古屋国際芸術文化交流財団は特定公益増進法人です。

概要

正式名称 公益財団法人名古屋国際芸術文化交流財団(Foundation for the Arts, Nagoya)
設立日 1995年11月27日
評議員会長 古角 保(株式会社三菱東京UFJ銀行常任顧問)
設立目的 名古屋ボストン美術館の運営、海外との芸術文化交流に関する事業、その他文化の振興に関する事業を行うことにより愛知県内における国際的芸術文化交流の進展及び地域文化の振興に寄与すること。
事業内容
  • 名古屋ボストン美術館の運営に関する事業
  • 愛知県民における国際的芸術文化交流の支援に関する事業
  • 愛知県の地域文化の振興を図るための事業

組織図

図:組織図

沿革

1991年10月
名古屋商工会議所常議員会で名古屋ボストン美術館設立準備委員会設置を決定
1995年8月
運営財団の設立発起人会開催
1995年11月
財団法人設立許可
伊藤喜一郎発起人代表が理事長に就任
1995年12月
第1回理事会・評議員会開催
1995年12月
ボストン美術館と名古屋ボストン美術館設立契約調印
1996年2月
名古屋ボストン美術館が入居する「金山南ビル」起工式
1998年11月
金山南ビル完成
1999年4月
名古屋ボストン美術館開館
2000年5月
伊藤理事長に代わり徳光彰二理事が理事長に就任
2002年7月
徳光理事長に代わり鈴木文雄理事が理事長に就任
2005年3月
鈴木理事長に代わり小笠原日出男理事が理事長に就任
2006年3月
米国ボストン美術館と当財団との間で、平成21年4月1日から平成31年3月31日までの名古屋ボストン美術館の運営を規定する運営契約書を新たに締結
2010年6月
小笠原理事長に代わり佐々和夫理事が理事長に就任
2011年4月
公益認定登記を行ない、公益財団法人に移行(佐々和夫理事長が評議員会長に就任)
2014年6月
佐々評議員会長に代わり古角保評議員が会長に就任

ページトップ



ページトップへ