「2012年9月」のアーカイブ

2012.09.29-01.jpg
 

後期開幕初日の本日、講演会「よみがえるボストン美術館の至宝―修復の現場から」を開催しました。

 

ボストン美術館 アジア美術修復室の修復士のターニャ・ウエダ氏より普段のお仕事の様子や、展示作品の仏画や水墨画、曽我蕭白の作品を中心に具体的にどのように修復されたかをお話いただきました。

 

2012.09.29-02.jpg
赤外線で見える筆跡を手掛かりに

 

また、講演後に寄せられた「修復するときに一番気をつけていることは?」という質問に対して、「ゆっくり、考える時間をもちながら進める、ということです」というお答えが印象的でした。
 

5年前から丁寧に根気よく舞台裏で活躍されている修復士の存在があるからこそ、本展が開催できることが感じられます。

本日、特別企画展「ボストン美術館 日本美術の至宝」後期展示の一般公開に先立ち、記者説明会を開催しました。

後期展示の見どころは30年ぶりに名古屋で公開される尾形光琳筆《松島図屏風》!

その他、伊藤若冲筆の《鸚鵡図》や曽我蕭白の初期の作品とされる《龐居士・霊昭女図屏風》(見立久米仙人)にもご注目ください。
 

 

20120928.jpg

《松島図屏風》の前で。

ボストン美術館の修復士ターニャ・ウエダ氏からは《雲龍図》の修復の話も。


 

11月3日(土)にNHK BSプレミアムにて放送予定の『中谷美紀 日本ノ宝、見ツケマシタ』の撮影に、中谷美紀さんが来館されました。

「馬頭観音菩薩像」や「平治物語絵巻」をじっくりとご覧になり、女優さんならではの目線で感想を聞かせてくださいました。

 

2012.08.05.jpg

淡いグレーの着物で作品を鑑賞された中谷さん。

凛とした立ち姿は息をのむほど美しかったです。

 

また、「雲龍図」の前では狩野博幸氏と対談。

ボストン美術館の蕭白コレクションの多くを収集したビゲローと曽我蕭白の中谷さんが見つけた意外な共通点とは?

 

BSプレミアム 『中谷美紀 日本ノ宝、見ツケマシタ』 

第一回 野心と孤独
2012年11月3日(土)21:00~22:30放送予定

 

放送をお楽しみに!

 

 15万人達成!!

特別企画展「ボストン美術館 日本美術の至宝」展が開幕74日目の本日、15万人目のお客様をお迎えしました!

知多市からお越しの加藤さんご夫妻です。前期の展示について「どれも素晴らしかったのですが、《弥勒菩薩三尊像》と《馬頭観音菩薩像》が特に印象に残りました」とお話してくださいました。

後期のご来館もスタッフ一同お待ちいたしております!!

 

2012.09.16.jpg