「2012年10月」のアーカイブ

 

 

 

 

食欲の秋!運動の秋!そして芸術の秋!
10月27日から11月4日まで、家族で楽しめる当館恒例の「Go! Go!家族でびじゅつかん」を開催しています。

 

 

大人気のクイズシートを後期も用意しました。

クイズシート.JPG
全問正解できるかな?

 

この期間は楽しいイベントも盛りだくさん。予約不要です!

 

 

10月30日と11月2日の午後2時からは目で見るだけでは気づけなかった作品の魅力が発見できる「心の眼でみる体験」

 心の眼で見る体験.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、11月3日と4日の午後2時から日本画を描くのに使われる道具や材料を実際に触ってみる「日本画ってナンダ?」を開催します。

いずれも開始30分前の1時30分より整理券をお配りします。ぜひ家族で美術館へGo!

日本画ってナンダ?.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、この秋わくわくの子供向けワークショップをご紹介します!!


「飛び出せドラゴン☆龍の衣がえ!」11月10日13:30~16:00 要予約)

 

 開催に向けて名古屋芸術大学の学生たちが日々準備中。

 

 

何を作るのかな?飛び出せドラゴン準備中1.JPG

飛び出せドラゴン準備中2.jpg

 

 

 

飛び出せドラゴン準備中3.JPG
なにやら、とっても大きな竜ができそうです。楽しみですね。

 

 

みんなで竜を作っちゃうこのワークショップ、ただいま募集中です。

応募方法はこちら→www.nagoya-boston.or.jp/kids/list/20120928-1.html

 

小学生のみなさんのご応募、待ってます!
 

 

 

『奇想の系譜』や『奇想の図譜』などの著書で知られ、本展覧会の監修者である辻惟雄氏をお招きし、

講演会「ボストン美術館の曽我蕭白」を開催しました。
辻氏は、蕭白の20代後半から52歳で亡くなるまでの各時代の代表作品を例に挙げながら、その特徴や変遷をお話しされました。

ユーモアたっぷりの語り口に、熱気にあふれた会場からは時々笑いも起こりました。


 2012.10.27-03.jpg
 辻惟雄氏

 

 講演後、会場から寄せられた「蕭白や若冲が現在注目される理由は?」という質問に対して、

「閉塞感の漂う時代に、奇抜な発想が求められているからでは」という答えに大きくうなずく方も。

蕭白作品をもう一度じっくり鑑賞したくなる講演会となりました。

 2012.10.27-04.jpg
多くのファンが来場

中京テレビ「幸せの黄色い仔犬」の特集“ナゴヤ 秋の大行列 ベスト10”の取材に篠山 輝信さんが来館されました!

開館15分前の9:45、列の先頭に並ぶお客様をインタビューし、展示室内へ。


大迫力の曽我蕭白筆《雲龍図》の前で再び列の先頭にいらしたお客様に遭遇。
作品の正面に置かれた特等席のソファで、篠山さんもお客様と一緒にじっくり作品を堪能されたようです。

 

2012.10.27.jpg

さて、名古屋ボストン美術館の気になる行列ランキングは…!?

 

放送をお楽しみに!

中京テレビ「幸せの黄色い仔犬」
放送日:11月4日(日)午前9時55分~
※放送局の都合により時間・内容が変更される場合があります

 

フリーマガジンamiの「はんなり倶楽部」の皆さんが来館されました。
*「はんなり倶楽部」とは…和服を来て、お出掛けを楽しむami読者さんの部です。
 

皆さんの着物姿で、展示室がとても華やかに!
担当学芸員による作品解説に、熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

「吉備大臣入唐絵巻」で吉備真備が華麗に唐人の難題をくぐりぬけるシーンでは、思わず笑い声も。

 

2012.10.14-03.jpg2012.10.14.jpg

 

日本美術にぴったりの素敵な企画でした♪

 

2012.10.14-02.jpg

 

特別講義 「ボストン美術館 日本美術の至宝」に迫る!

共同主催:NHK名古屋放送局

会場:愛知県立芸術大学

 

「日曜美術館」の司会を務めるNHKの森田美由紀アナウンサーを迎え、

愛知県立芸術大学で当館担当学芸員による特別講義『「ボストン美術館 日本美術の至宝」に迫る!』を開催しました。

 

2012.10.17-02.jpg

 

半数以上が既に展覧会をご覧になったという愛知県立芸術大学の学生さんは、米国ボストン美術館の日本美術コレクションの成り立ちや出展されている作品についての解説に熱心に耳を傾けていました。

 

2012.10.17-01.jpg