視覚障がい者向けイベント「触れるプログラム」開催!

2015年5月 6日

20150404_01.JPG

 

4月22日(水)に視覚障がい者向けイベント「触れるプログラム モネの油絵《ラ・ジャポネーズ》に迫る!」を開催しました。 今回は展覧会の作品の中からモネの《ラ・ジャポネーズ》を詳しく鑑賞していきました。

 

まずは立体コピーに触れていただきながら作品の全体像を説明していきます。立体コピーは作品全体と着物の柄の拡大図の2種類があり、皆さんじっくりと指で触りながら絵を把握されていました。

続いて3つの班に分かれ、それぞれ道具を用いながら、「作品の大きさと人物のポーズ」、「色と着物」、「背景にある団扇と手に持っている扇子」という3点について詳しくみていきました。

 

20150404_02.JPG

 

20150404_04.JPG

 

 

20150404_03.JPG

 
紐を使いながら作品の大きさを体感してもらったり、打掛に触れながら着物の柄の細かい部分を感じてもらったり、団扇にさわって団扇の形の違いを感じても らったり…。実際に触れてみると打掛が想像以上に重いことや作品が自分と同じくらいの大きさだということがわかり、皆さんの関心も高まっていくようでし た。

 

最後に展示室内の作品の前へ移動。学芸員より着物の柄の主題となっている物語や作品修復の話といった作品のエピソードをききながら皆さん熱心に鑑賞されていました。

 

20150404_05.JPG