制作スタート!

2012年5月12日

5月12日(土)にドラゴンプロジェクトの制作が始まりました!

毎週少しずつ、作品が完成していく様子を紹介していきます。

日本サイドの制作は、愛知県立芸術大学の皆さんです。
dragon_project0512-1.jpg

 

dragon_project0512-2.jpg
本日の制作はここ、美術館1Fインターコモンの階段

 

dragon_project0512-3.jpg
小さな白い丸を切り抜いています

 

dragon_project0512-4.jpg
それを階段に丁寧に貼ると…

 

dragon_project0512-5.jpg

軽やかな模様が現れました!これは泡でしょうか、雲でしょうか、龍が通った後でしょうか…。

階段を見上げると、龍が雲の上に昇っていくような感じに見えませんか?

思わず追いかけたくなりますね。

「階段に円を描くのが難しかったです」とコメントをいただきました。

次回はどんな模様が現れるのでしょうか…お楽しみに~!

 

愛知県立芸術大学では、いよいよ5月12日から制作作業が始まります。
制作者の学生さんよりコメントが届きました!

____________________________________________________________
雲のあいだや 雨の中、水たまりを通り抜けて,
龍のすんでいる世界へ入り込んでいくように、
会場までの道を楽しんで頂ければ幸いです。

____________________________________________________________
 

想像をふくらませて、会場までお越しください♪

 

 

 

特別企画展「ボストン美術館 日本美術の至宝」展の目玉は、何といっても曽我蕭白の「雲龍図」でしょう。雲間から躍り出る龍が襖8面にわたって描かれており、縦170cm、横幅全長10mにも及ぶ大迫力です。


この襖絵は、かつて兵庫県高砂市の寺にあったといいます。それは当時、「二頭の龍が、さながら生けるが如く、村人の胆(きも)を奪って跳(おど)りださんばかりに見えた」と記されています。


明治に入って、ボストンの大富豪ウィリアム・ビゲローの手に渡り、以来ボストン美術館に襖からはがされたままの状態で眠っていました。

今回大規模な修復を終え、長い眠りから覚めた龍が世界初登場します!
 

dragon_project01.jpg
ドラゴン・プロジェクト打ち合わせ風景(2011年11月29日)

いよいよ6月23日から開催する「日本美術の至宝」展。

本展覧会のために修復を終えて世界初公開となる曽我蕭白作の「雲龍図」は必見です。

本作は1911年にボストン美術館に収められた時から、襖から剥がされた状態で保管され、縦165.6cm×横135cm×8面の大画面には巨大な龍が墨で描かれています。


展覧会の関連企画として、日米の大学生にこの「雲龍図」からインスピレーションを得た作品を制作してもらおうと「ドラゴン・プロジェクト:「雲龍図」から“龍”が出現!」が始動しました。
愛知県立芸術大学とボストン美術館の付属芸術大学であるボストン美術館美術大学(SMFA:School of the Museum of Fine Arts, Boston)の学生による作品が美術館のどこかに現れます。

 

2011年の秋、日米両大学において作品の企画・制作が開始しました。

本ブログでは、作品制作過程や展示の様子をご紹介していきます!