「ドラゴンプロジェクト」のアーカイブ

先日のアイリーン・ワン(Eileen Wang)さんに続き、ボストン美術館芸術大学の平面作品「A Stroll in the Sky(天空をたゆたう)」の制作者の一人クシャラ・ボラ(Kushala Vora)さんが来てくださいました!

お姉さんと来館したクシャラさんは初めての来日。
インド生まれのクシャラさんですが、「名古屋は暑いですね」と笑顔。
本展の「雲龍図」を見て、すごく大きくてびっくりしたそうです。
このあと彼女は京都・奈良を回ってボストンに帰るそうです!

 

クシャラさん.jpg

 

 

ボストン美術館芸術大学の平面作品「A Stroll in the Sky(天空をたゆたう)」の制作者の一人

アイリーン・ワン(Eileen Wang)さんが来日し、当館に来てくださいました。

「名古屋で作品を展示できてとても嬉しいです」と笑顔で作品の前でポーズ。

このあとアイリーンさんはお母様と一緒に展覧会を鑑賞。

初めてみる曽我蕭白の「雲龍図」について、大きくて、迫力があって驚きましたと感想を語ってくれました。

 

アイリーン.jpg

 

ボストンから映像作品が到着しました!

タイトルは≪Clowdy Dragyn(雲りの日の龍)≫

映像の中で、ドラゴンの旅を追っています。

 

Clowdy_Dragyn01.jpg
湖を抜け…

 

Clowdy_Dragyn02.jpg
空に浮かび…

 

s.st.f.d Artist Photo.jpg

制作者のStephen St. Francis Decky(ステファン・フランシス・デッキー)

 

写真のように陽気な制作者からコメントも届いています!

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________ 

Clowdy Dragyn

"Clowdy Dragyn" is an animated, video homage to the myths and stories that shape Cloud and Dragon paintings.  

With images taken directly from large-scale acrylic paintings, the film begins with the first flight of these legendary creatures, then follows them through the clouds to an array of bright and colorful futures.
 

本作は《雲龍図》を形作った神話と物語に敬意を表して制作しました。映像はアクリルペイントで描いた大きなイメージを直接使用し、この伝説の生き物が初めて空の旅をするところから始まります。

そして彼らを追い、雲間を抜け、色とりどりの明るい未来へ向かっていきます。

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________ 

 

公開は展覧会の開幕日(6月23日)から美術館3階ロビーで!

約3分間、足を止めてドラゴンと空の旅に出掛けませんか。

 

愛知県立芸術大学の学生さんたちによる作品制作4回目。

最終日となる5月31日は、1階インターコモンから2階美術館入口につながる

エスカレーター前での作業となりました。

そして、とうとう作品完成です。

作品タイトルは、空間雲龍図》です。

 

ドラゴン4-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラゴン4-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

制作者のみなさんからコメントが届きました!

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________ 

“龍の大きさはどのくらいだろう、

もしかしたらこの美術館の建物よりもずっと大きいのかもしれない。

想像上の生き物である龍には様々なイメージがあり、答えがあるわけではありません。

そこで、その気配を感じてもらうことで、龍を表現することにしました。

館内に点在しているのは、『雲龍図』や龍からイメージした風景や形です。

それぞれの形に好きな色を付けて観てもらえるように、白一色で表現しました。

作品のどこかには、龍のからだの一部が隠れています。

雲のあいだや 雨の中、水たまりを通り抜けて,

龍のすんでいる世界へ入り込んでいくように、

会場までの道を楽しんで頂ければ幸いです。”

 

 

 

本作品は、6月3日(日)から公開です。

みなさん、見に来てくださいね。

 

 

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________ 

日本とアメリカの学生の作品展示 「雲龍図」から“龍”が出現!

当館の姉妹館であるボストン美術館の付属芸術大学のボストン美術館芸術大学(SMFA)の学生からも作品が届きました!!

 

ドラゴン5-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墨と刺繍を使った平面作品《A Stroll  in the Sky》はアイリーン・ワンさんとクシャナ・ボラさんの共同作品です。

私たちは日本語の作品名を《天空をたゆたう》にしました。

 

ドラゴン5-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女たちからもコメントが届いています。

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________ 

“《A Stroll in the Sky》は「雲龍図」に着想を得て、多くの伝統的なモチーフを現代的に解釈して制作しました。

作品の中では、伝統的なモチーフと現代的なモチーフを様々な形で組み合わせて登場させました。まず本作は「ドラゴンの頭と尾は同時に見ることはできない」という考え方に基づいています。そしてドラゴンの流れるような動きで神出鬼没な雰囲気を出すため、画面を三角形で分割しました。画材には、画面の緊張感を表すために墨(インク)を、ドラゴンに繊細な要素を加えるために刺繍を使っています。また全体の雰囲気を現代的にするためパステルを使い、薄暗く混沌とした空間にいるドラゴンの力強さと辰年に臨む喜びを表現できたと思います。
《A Stroll in The Sky》は、伝統を大切にし、未来を祝福する現代アートです。”

 

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________