食と嗜好品からみた幕末

「ペリー&ハリス」展関連講演会の第二回目は、たばこと塩の博物館主任学芸員の谷田有史氏に「食と嗜好品からみた幕末」と題してお話いただきました。
日米双方が外交交渉を円滑に進めるために用意した、贅を尽くした饗応料理や、当時の日本人の食生活や嗜好品についてお話いただきました。
幕末期の人々のグルメぶりに、参加者は興味深く聞き入っていました。

写真:谷田有史氏 講演風景

谷田有史氏 講演風景

ページトップ



ページトップへ