講演会「印象派の女性画家たち」を開催しました

 

7月13日(土)に、早稲田大学 教授 坂上桂子氏による講演会「印象派の女性画家たち」を開催。19世紀ヨーロッパの女性たちの生活の様子や、その中で創作活動をする難しさを解説しながら、エヴァ・ゴンザレス、ベルト・モリゾ、メアリー・カサットの3名の活躍をたくさんの作品とエピソードを交えお話しいただきました。

会場からは「絵が描かれた時代背景がよくわかり、違った絵の見方ができる気がします」などの感想が寄せられました。

 坂上桂子 氏.jpg
坂上桂子氏(早稲田大学 教授 )

ページトップ



ページトップへ