講演会「人の姿-欧米における人体表現」を開催しました

パトリック・マーフィー氏.jpg

ボストン美術館 版画・素描・写真部

パトリック・マーフィー学芸員

 「美術する身体-ピカソ、マティス、ウォーホル」展の開幕初日に、ボストン美術館 版画・素描・写真部のパトリック・マーフィー学芸員による講演会を開催。展示作品について制作された時代背景や個々の作家にまつわるエピソードを交えお話ししました。ピカソ作品をはじめ、版画制作の過程がわかる作品群はボストン美術館の豊富なコレクションならでは。
 会場からは「現代美術の流れ、版画の多様性・面白さを知りました」「あまり知らなかった領域の新しい知識を得られた」などの感想が寄せられました。

 

ページトップ



ページトップへ