講演会を開催しました≪ジム・ダイン―主題と変奏:版画制作の半世紀≫

 

クリフ氏講演会.jpg

米国ボストン美術館 版画・素描・写真部 部長

クリフォード・S.アクレー氏

ここにテキストを入力してください。 「ジム・ダイン」展 開幕初日の4月23日(土)に、米国ボストン美術館 【版画・素描・写真部】 部長のクリフォード・S.アクレー氏を招き講演会を行いました。
アクレー氏はダイン氏がボストン美術館に作品を寄贈する際、ボストン美術館とダイン氏の橋渡しとなりました。
 
アクレー氏にはダイン氏のアトリエ(ワシントン州・ワラワラ)で行ったインタビューのエピソードや版画技法、またダイン氏が好んで使用している和紙などについて解説いただきました。
 
「現代美術は説明がないとよくわからない所も多くて、何となく足が向かなかったのですが、今日の講演会で少し考えが変わりました。」
「アーティストの人生と作品を照らし合わせながらの解説が印象的でした。発想のバックグランドがわかりやすかった」
他、たくさんの感想が寄せられました。

 

ページトップ



ページトップへ