講演会「ボストン美術館の北斎」を開催しました

 

セーラ・トンプソン氏.jpg

セーラ・トンプソン氏(ボストン美術館 日本美術課浮世絵版画室室長
ボストン美術館 日本美術課浮世絵版画室室長のセーラ・トンプソンさんによる講演会を開催。浮世絵が世界にどのように知られていったか、ボストン美術館の浮世絵コレクションがどのように形成されたか、具体的な作品の紹介と共にお話しいただきました。浮世絵への強い思い入れが伝わってくる分かりやすいレクチャーに、会場からは「浮世絵が陶磁器などの輸出の際に梱包材として使われていたのは本当ですか?」という質問や「大切に扱われていて喜ばしく思う」などの感想が寄せられました。

 

ページトップ



ページトップへ