19世紀ヨーロッパ絵画の視点:概要

19世紀ヨーロッパ絵画の視点

4F ボストンギャラリー
2005年3月17日(土)~2004年9月12日(日)
19世紀という変化と革新の時代に生きた画家たち、激動する社会、さまざまな展開を見せた芸術、彼らは何を見つめ、何を表現しようとしたのだろうか。ドラクロワ、ミレー、コロー、マネ、ゴッホ、ムンクら37人の視点によるヨーロッパ絵画44点を紹介。

画像:子守女:ゆりかごを揺らすルーラン夫人

《 子守女:ゆりかごを揺らすルーラン夫人 》
1889年
フィンセント・ファン・ゴッホ
油彩・カンヴァス 92.7×72.8cm
Bequest of John T. Spaulding 48.548 

終了した展覧会一覧に戻る

ページトップ



ページトップへ