アジアの心、仏教美術展:概要

アジアの心、仏教美術展

4F ボストンギャラリー
2002年10月5日(土)~2003年2月16日(日)
インドに始まった仏教は、アジア各国に伝わる過程で、宗教的な理解を助けるため、難しい教えを分かりやすく具現化した仏像、絵画、工芸、教典などの仏教美術を生み出しました。各地で花開いた仏教美術は、それぞれの国の風土や文化、さらには土着の宗教の影響を受けてさまざまに変化しています。
本展では、インドから日本に至る仏教伝来の跡をたどり、遺された美術品に民族性や時代性がどのように反映されているかを比較展示し、人々の心をとらえ、信仰に導いた仏教美術の造形的な美しさをご覧いただきます。
ボストン美術館は1890年に日本部を設けて以来、東洋美術のコレクションを進め、日本はもちろんのことアジア全体の収蔵品の質と量は、欧米では最大規模と評価されています。
今回展示される作品は50点で、ギリシア・ローマ美術の影響を受けたガンダーラ仏の典型的な特徴を示す「菩薩像」など日本初公開の名宝が42点を占めており、本展ならではの見どころとなっています。

画像:観音菩薩坐像

《 観音菩薩坐像 》
東インド、おそらくビハール州ガヤー地方、パーラ朝 11世紀 片岩
Marshall H.Gould and Frederick L.Jack Funds 63.418
©2002 Museum of Fine Arts,Boston

終了した展覧会一覧に戻る

ページトップ



ページトップへ