デューラー版画展:概要

デューラー版画展

4F ボストンギャラリー
2003年11月22日(土)~2004年3月21日(日)
アルブレヒト・デューラー(1471-1528)は、油彩、水彩、素描、版画、そして芸術理論に至るまで大きな功績を残した、ドイツ・ルネサンスにおける著名、かつ偉大な芸術家です。
ドイツ、ニュルンベルクに生まれたデューラーは、イタリアでルネサンス美術を学び、1498年に図版本「黙示録」を出版。この成功により、国際的にも名を知られる画家へと成長していきます。
版画制作におけるデューラーの業績は、細密で繊細な表現を巧みに表現する彫版の技法、主題に対する複眼的な洞察にもとづいた画面構成力により、それまで職人工芸とみなされていた版画の存在を芸術作品へと高めたことにあるといえるでしょう。
本展覧会では、ボストン美術館 版画・素描・写真部の所蔵作品約600点より選んだ最も刷りの良い全104点の作品から、デューラーの版画制作の業績をたどります。

画像:ネメシス(大運命神)

《 ネメシス(大運命神) 》
1501ー2年
エングレーヴィング
32.9×22.4cm
1951 Purchase Fund 54.577
©2003 Museum of Fine Arts,
Boston

終了した展覧会一覧に戻る

ページトップ



ページトップへ