ミレー展:概要

ミレー展

4F ボストンギャラリー
2002年3月16日(土)~2002年9月1日(日)
平成14(2002)年4月17日(水)に開館3周年を迎える名古屋ボストン美術館では、その記念展覧会として、農民画家として日本人に親しまれているジャン=フランソワ・ミレーの代表作を展示する開館3周年記念「ミレー展」を開催します。  
本展では、母国フランスを除くと世界一を誇るボストン美術館のミレーコレクションから、「種をまく人」「刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)」「羊の毛刈り」などの代表作をはじめ、全生涯にわたる名品55点を展示します。また、作品だけでなく、ミレー自筆の手紙や、ボストンでのミレー収集の物語もあわせて紹介します。
なお、ミレーの単独展としては、我が国で3度目の開催となります。

画像:種をまく人

《 種をまく人 》
1850年 油彩・カンバス 101.6×82.6 cm
Gift of Quincy Adams Shaw through Quincy A. Shaw,Jr., and Mrs. Marian Shaw Haughton 17.1485
©2002 Museum of Fine Arts, Boston

終了した展覧会一覧に戻る

ページトップ



ページトップへ