錦絵の黄金時代:概要

ボストン美術館 浮世絵名品展第2弾 錦絵の黄金時代 清長、歌麿、写楽

4F ボストンギャラリー 5F オープンギャラリー
2010年10月9日(土)~2011年1月30日(日)

ボストン美術館浮世絵名品展特別サイト

主催 名古屋ボストン美術館、ボストン美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知
共催 中日新聞社
後援 米国大使館、在名古屋米国領事館名古屋アメリカン・センター、愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、名古屋商工会議所
特別協賛 フィデリティ投信
協賛 大日本印刷、中部国際空港、三菱商事中部支社
協力 日本航空、近畿日本鉄道、東海旅客鉄道、名古屋鉄道、名古屋市交通局、ホテルグランコート名古屋
入館料金
  当日 前売・団体 午後5時以降
一般 1,400円 1,200円 1,200円
シルバー・学生 1,200円 1,000円 1,000円
中学生以下 無料

図録販売

音声ガイド

チケット販売所

チケットぴあ[Pコード:764-298]、サークルK、ファミリーマート、ローソン[Lコード:45530]セブンイレブン、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、トップツアー

極上の彩、一世紀ぶりに日本見参!

ボストン美術館の5万点にのぼる浮世絵版画コレクションは、貴重な作品群の宝庫として知られています。加えてこれまでほとんど公開されてこなかったため、このコンデションは抜群です。前回の「浮世絵名品展」第1弾でヴェールを脱いだコレクションは、どれも摺られた当時のような鮮やかな発色で、これまでの浮世絵観を変えてしまうほどセンセーショナルなものでした。
待望の第2弾となる今回は、清長、歌麿、写楽などご存知の浮世絵師が活躍した天明・寛政年間(1781-1801)の作品を中心に紹介します。町人文化が花開いたこの時代は、個性豊かな絵師たちが、これまでにない斬新な構図と色合いの作品を次々と生み出し、まさに錦絵の黄金時代でした。極めて珍しい清長の初期作品や歌麿の役者絵、歌麿芸術の絶頂期とされる雲母摺(きらずり)の美人大首絵、そして21点の写楽の役者絵など選りすぐりの名品約140点を一堂に公開します。

 

写真:雛形若菜の初模様 丁子屋内 丁山 しをり つまき
鳥居清長
《雛形若菜の初模様 丁子屋内 丁山 しをり つまき》
写真:当世踊子揃 鷺娘
喜多川歌麿
《当世踊子揃 鷺娘》
写真:松本米三郎のけはい坂の少将、実はしのぶ
東洲斎写楽
《松本米三郎のけはい坂の少将、実はしのぶ》

 

© 2010 Museum of Fine Arts, Boston. All rights reserved.

終了した展覧会一覧に戻る

ページトップ



ページトップへ