ノリタケデザイン100年の歴史:概要

開館10周年記念 オールドノリタケからディナーウェアまで ノリタケデザイン100年の歴史 オールドノリタケ、デザイン画帖を公開

5F オープンギャラリー
2009年4月18日(土)~2009年8月30日(日)
主催 名古屋ボストン美術館、朝日新聞社
後援 愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、名古屋商工会議所
特別協力 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
協力 株式会社大倉陶園、TOTO株式会社、森村商事株式会社、ホテルグランコート名古屋、名鉄百貨店
協賛 野崎印刷紙業株式会社

オールドノリタケ、デザイン画帖からディナーウェアまで
ノリタケデザイン100年の歴史を大規模に展覧する初の展覧会

1904(明冶37)年、名古屋則武の地に創立された日本陶器

合名会社(現 株式会社ノリタケカンパニーリミテド)は、日本初のディナー皿を開発し、多くのディナーセットを製造して、わが国の洋食器産業の礎を築いてきました。なかでも明治末期から昭和初期に製作された陶磁器は、現在では「オールドノリタケ」と呼ばれ、その職人技を駆使して作られた精致で美しい品々は多くの人々を魅了しています。
本展では、(株)ノリタケカンパニーリミテドの全面協力により、同社が所蔵するオールドノリタケをはじめ、デザイン画帖や花瓶、壷などのファンシーウェアからディナーウェアまで約200件の作品により、華やかなノリタケチャイナの全貌をご紹介します。

 

海を渡ったデザイン画帖

輸出陶磁器であった製品を製作するために、森村組は日本人のデザイナーをアメリカへ派遣し、アメリカ人好みの意匠を描かせました。こうして完成したデザイン画は日本へ送られ、それを忠実に再現して製品化されました。
太平洋戦争時には名古屋の日本陶器本社も空襲にあい、画帖が保管された事務棟にも火の手が上がりました。しかし当時の職員によって火災から奇跡的に救出され、現代へと受け継がれました。
本展では、これらを調査研究し、初公開を含む約40冊を展覧します。

写真:デザイン画帖

デザイン画帖(1905年)

オールドノリタケとは…

写真:見本帖

見本帖(1907年)
「オールドノリタケ」とは、1876(明治9)年に創業された森村組と1904(明治37)年に森村組が創立した日本陶器合名会社において、明治から昭和初期にかけ製作された陶磁器の総称です。
アール・ヌーヴォーやアール・デコなどの美術様式を取り入れ、金彩やエナメル盛り、素描(すがき)、ラスター彩など多彩な技法で華やかに加飾され、アメリカを中心とする海外へ数多く輸出されました。

終了した展覧会一覧に戻る

ページトップ



ページトップへ