岡倉天心とボストン美術館:概要

岡倉天心とボストン美術館

4F ボストンギャラリー
1999年10月23日(土)~2000年3月26日(日)
岡倉天心(本名覚三、天心は号)は、『茶の本』の著者として、また明治時代を代表する思想家のひとりとして良く知られていますが、天心は、1904年(明治37)から1913年(大正2)に亡くなるまでの10年間、ボストン美術館の仕事に携わりました。この展覧会では、天心ゆかりの作品や、天心自身が収集した美術品により、その業績をたどります。
 

画像:毘沙門天像

《毘沙門天像》
鎌倉時代 12世紀~13世紀
額 絹本著色 119.1×68.1cm
Special Chinese and Japanese Fund 05.202
(c) Museum of Fine Arts, Boston

終了した展覧会一覧に戻る

ページトップ



ページトップへ