ゴーギャン展講演会情報

ボストン美術館 ヨーロッパ美術部 部長 ジョージ・シャックルフォード氏による講演会 ※逐次通訳付き

「楽園のゴーギャン」終了

  • 開催日 : 4月18日(土)
  • 講師 : ジョージ・シャックルフォード氏(ボストン美術館 ヨーロッパ美術部 部長)
  • 会場 : 名古屋都市センター11階 大研修室
  • 時間 : 14:00~15:30
  • 定員 : 150名

聴講無料 / 当日先着順

※定員になり次第お断りする場合があります。

10周年記念「ゴーギャン展」シリーズ講演会 ゴーギャン芸術の真髄に迫る

名古屋ボストン美術館(1999年4月開館)は、2009年4月で10周年を迎え特別記念展として「ゴーギャン展 -我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこに行くのか-」を開催致します。
展覧会開催に先立ちまして、当館館長をはじめ2人の講師をお迎えし、ゴーギャンの魅力、ゴーギャンの作品についての思いなどお話いただきます。

第1回 「ゴーギャン-文明と未開を孤旅する魂」終了

  • 開催日 : 1月24日(土)
  • 講師 : 馬場駿吉(名古屋ボストン美術館 館長)

名古屋市立大学名誉教授。美術・舞台芸術評論家、俳人、医学博士。名古屋演劇ペンクラブ理事長。
中学時代に俳句入門。医学教育、研究、診療のかたわら句作。1960年代初頭より、詩人瀧口修造とその周辺の多くの芸術家たちの知遇を得て、美術、演劇、映像、舞踊、音楽、文学など、現代芸術の最前線を横断する評論、エッセイを新聞、雑誌などに多数執筆。
著書に句集:「断面」「薔薇色地獄」、句画集:「幻視の博物誌」(画家・森眞吾と共著)、美術論集:「液晶の虹彩」等。

第2回 「ゴーギャンと野生」終了

  • 開催日 : 2月22日(日)
  • 講師 : 岩切正一郎氏(国際基督教大学 教授)

1959年生まれ。
国際基督教大学教授(フランス文学)。
著書に『さなぎとイマーゴ -ボードレールの詩学』(書肆心水、2006年)、訳書にゴーギャン『ノアノア』(ちくま学芸文庫、1999年)、アヌイ『ひばり』(2007年)、カミュ『カリギュラ』(2008年)(ともにハヤカワ演劇文庫)等がある。
『ひばり』と『カリギュラ』の翻訳で第15回湯浅芳子賞(脚本・翻訳部門)

第3回 「ゴーギャンと楽園幻想」終了

  • 開催日 : 3月8日(日)
  • 講師 : 高階秀爾氏(大原美術館館長 東京大学名誉教授)

1932年東京生まれ。
東京大学大学院在学中54~59年フランス政府招聘給費留学生として渡仏、パリ大学付属美術研究所及びルーヴル学院で西洋近代美術史を専攻。59年国立西洋美術館勤務。71年東京大学文学部助教授。79年同教授。92年国立西洋美術館長。02年大原美術館館長。04年京都造形芸術大学大学院院長(08年退任)、同比較芸術学研究センター所長。
1992年東京大学名誉教授。97年パリ第一大学名誉博士。
主著:『名画を見る眼』正続(岩波新書)『近代絵画史-ゴヤからモンドリアンまで』上下(中公新書)『ルネッサンスの光と闇』(中公文庫)等多数執筆。03年イタリア、グランデ・ウフィチャーレ勲章、05年文化功労者。

ページトップ



ユーティリティナビゲーション
  • 関連イベント・お知らせ

ページトップへ